タミヤカラー ラッカー塗料 LP-38 フラットアルミ 塗装レビュー

タミヤラッカー塗料シリーズ、気になっている方は多いのではないでしょうか?

今回個人的に待ちに待ったタミヤのラッカー塗料シリーズ第3弾からLP-38「フラットアルミ」をレビューしたいと思います。

この塗料のポテンシャル…ハンパじゃないぜ!

スポンサーリンク

フラットアルミ

名前の通りフラット(つや消し)のアルミ色です。

タミヤのカーモデルやバイクモデルでは指定されないことはないくらい使用頻度の高い塗料です。

が、この色にぴったりのラッカー塗料がなく、多くのモデラーを悩ませていました。(たぶん)

単純にラッカーのシルバーにフラットベースを混ぜるだけではどうにもうまく再現できません。なんというか粒子感も色味もラッカーの調色では再現できないんですよ。

仕方ないのでフラットアルミの指定箇所は、白下地にガイアのシルバーを塗ってからフラットコートするか、小面積ならエナメル塗料を筆塗りしていました。

僕はずーっとラッカーでエナメルメタリックの質感は再現できないと思っていたのですが、この度発売されてしまいましたよラッカーフラットアルミが…

それではインプレッション

買ってみたからには塗ってみないと始まりません。

蓋を開けます

折角なのでエナメルメタリックと比較。

開けた瞬間に「これはイケるかも!」と思いました。

粒子が非常に細かいのです。

タミヤのエナメルメタリックは粒子が小さく、それが生み出す自然な光沢感が大変素晴らしいのですが、このラッカーのフラットアルミもかなり粒子が細かいです。

クレオスのスーパーメタリックと遜色ないレベルです。

塗料の色味もラッカーとエナメルで全く同じといって良いレベルです。



攪拌してみます

混ぜてみましたが、ここでもびっくりなのは、混ぜているときの見た目もエナメル塗料版と同じような見た目だったことです。

これ、タミヤさん相当こだわって作ってるんじゃないのかなぁ、と思います。(発注先はクレオスと同じかもしれませんが)

塗料自体はフラットベースが入っているためか、かなり固めなのでよーく混ぜたほうが良いですね。

テストピースの用意

テストピースはわたくし謹製の適当に切ったタミヤのプラ板1mmですw

これにまずグレーサフを吹き付け、透け防止をしてから、4色の下地に塗り分けました。

左上:Exホワイト、右上:白サフ(つや消し白)、左下:Exブラック、右下:黒サフ(つや消し黒)です。

拡大した図。

ゴミが噛みまくっているのは気にしないで欲しいw

LP-38 フラットアルミを塗装

塗装条件ですが、クレオスの0.5㎜ブラシを0.04MPaで、希釈は4倍程度(シャバシャバ)、シンナーはガイアのプロユースシンナーで塗りました。塗膜が強く乾燥が速いので、僕は何を作るにもプロユースシンナーしか使いません。

塗ってるそばから感動です。

塗ってすぐにさっとつや消しに乾いていく姿はまさにエナメルのフラットアルミと同じ!

塗り終えました。あまり下地は関係ないように見えますが…

少し照明を変えると変化が分かりやすいです。

仕上がりの色の濃さは濃い順に

Exブラック下地(左下)→黒サフ下地(右下)→Exホワイト下地(左上)→白サフ下地(右上)

となっています。

特に白サフ下地で塗った色は、バイクやクルマのエンジンブロックやサイレンサーにぴったりです。



驚きのなめらかさ

乾燥してから表面をなでてみましたが、さらっとした触り心地が素晴らしいです。

Exシルバーにフラットコートではこうはなりません。(もっとザラつく)

ラッカーでフラットアルミが塗れると後から汚しも安心してできるし、本当にいい塗料だなぁ~。

総評:革命が起きました

これホントいいですよ!最高です!

完璧なフラットアルミがラッカーで再現されています。

カーモデルのエンジンブロックの他、エアモデルのボディからガンプラのバーニアまで、使用箇所は幅広いんじゃないでしょうか?

僕のプラモデルに革命が起きる一品です~!タミヤさんありがとう!!

比較したエナメルフラットアルミも大変オススメです

エナメルのフラットアルミも僕のイチオシ塗料です!

メタリック塗料は基本的に筆塗りしにくいですが、エナメルのフラットアルミは驚異的な粒子の細かさと独特なつや消し具合から筆ムラが目立たずとても美しい塗装が可能です。

比較から分かるように今回のラッカーフラットアルミと色味が全く同じなので、ラッカー塗装のタッチアップやマスキングが面倒な部分を筆塗で攻略したりするなど用途は幅広いはずですよ!

スポンサーリンク