2020/7/4 サイトをリニューアル!現在記事をより見やすく修正中です!

1/12 タミヤ ポルシェ カレラGT 製作記11【シートの製作】

前回の投稿でフロントサブフレームが完成しました。これでも取説番号で見ると進捗率40%くらい。組みごたえありまくりです。

今回からは内装編。カレラGTはタルガトップ(オープンカーの一種)なので内装も気合入れて作っていきましょう!

目次

1/12カレラGTのシートってこんなの

シートの分割は背面シェル(カーボン)、シートサイド部(生地)、座面(生地)の3分割となっており、ドMな再現派にも優しいです(笑)

座面は軟質樹脂(たぶんTPE製)で出来ており独特な質感。

内装色はいくつかあります

カレラGTは内装の素材や色をオーダーできる車種のようでネットで調べると数種類の仕様が確認できました。大体変わった色の内装は石油王が乗ってるw

取説でもアスコットブラウン/ブラックのツートン、ダークグレイ、テラコッタの3種類の内装仕様が選んで製作できます。

僕は本体の色をイエローにすることにしたので、内装はブラック系の落ち着いた感じで仕上げることにしました。

↑イメージ

この手のクルマはお金さえ払えばどんな内装でも作ってくれると思いますので好きに塗っても楽しいと思いますよ。

シートの製作

ベルトホールの加工

シートベルトのベルトホールは金型の抜きの都合上切り立った造形になっていますが、実車は生地貼りなので丸みを帯びています。超硬スクレーパーとヤスリで丸めておきました。切り立っているとベルト切れちゃいますからね(笑)

超硬スクレーパーはこの先も結構使用します。パーツのバリ取りからパーティングラインの処理、整面まで何でも使えるのでゲット推奨です。3mmがくわえられるピンバイスがあれば使えますよ。

座面の塗装

座面

お得のガンダムカラー発動(笑)当たり前ですがキャラクターモデルの塗料はキャラクターモデルにしか使えないなんてことはありません。

むしろキャラモデのグレー系塗料は色々なものが揃っているのでアンテナ張っておくと良いですよ。色んな技法や塗料に触れる機会の多い雑食モデラーはここが強みです。

フラットベースあらめはシャバシャバに希釈し細く線を書くようにまだらにコート。こうすればまだらに塗られたフラットベースのざらつきによりスエードっぽく仕上げられますよ。

シートサイド部の塗装

シートサイドの塗装
  • 基本塗装:ガイアカラー ニュートラルグレーV
  • グラデーション:ガイアカラー クリアーブラック
  • トップコート(全体):ガイア Exフラット + クレオス なめらかスムース
  • トップコート(ハイライト):ガイア セミグロスクリアー

レザーの質感は塗装での見せどころ。

ブラックのレザーといえども太陽光に当たれば完全な真っ黒に見えませんので基本塗装はガイアのニュートラルグレーV(黒にくらべるとわずかに青い)をチョイス。

その後ガイアカラーのクリアーブラックで縫い目の周辺や奥まった部分にグラデを入れます。

最後に全体をさっとExフラットになめらかスムースを加えたものでコートし、それだけだとツヤがなさすぎるのでセミグロスクリアーをグラデーションしてハイライト(反射)を書き込んでフィニッシュ。

この方法だとベタ塗りに比べてかなり立体感とリアルなツヤ感が出せるのでオススメです。



スポンサーリンク

背面シェルの製作

背面シェルは正直もうお腹いっぱいのフルカーボンだゾ!

シェルの塗装
  • ガイア 黒サフ → Exクリアーでトップコート

カーボンラッピングをするために表面処理もかねて黒サフを吹いたあとExクリアーでコートして光沢ブラックにします。

そして泣きながらカーボンラッピング今回使ったのもタミヤのカーボンスライドマーク 綾織り極細

他にも同時に色々進めましたが、こいつらが登場するのはもう少し後です。

そしてExクリアーでドボドボコート。もう何度見た光景か(笑)

ラプロスの#4000ラプロスの6000、8000を使って段差を研ぎ出し、セミグロスクリアーを吹いて完成。いい感じに仕上がりました。

カーボンシェルの中央部にはデカールを貼ってありませんが、これは完成しても全く見えないのでデカールをケチっただけです(笑)曲率キツくてデカールの網目をズラさず貼るのはすごく難しいので、腕と根性に自信のある人意外はやらないほうがいいですw

シート装飾の塗装

他に色々と一緒に塗る部品があるのでまとめて塗っていますが、今回使用する部品は下の写真の左側4つの部品です。

装飾の塗装
  • Exシルバー → セミグロスクリアーコート

この手の樹脂に施されるシルバーは少しマット目のものが多いので(自宅のクルマとか見てください)のセミグロスクリアーでしっとりさせておきました。ってカレラGTと庶民のクルマの質感が同じかどうか知りませんけどw

組み立てて完成

3パーツに分かれた部材を接着すれば完成!接着剤は瞬間接着剤でオッケーです。

質感はどんなもんでしょうか?

個人的にはグラデとトップコートの使い分けでいい感じに仕上がったと思います!

カーボンシェルも良い感じに再現。ここも組み付けると苦労の割に見えないんだなこれがw

というワケで今回はここまで!カーボンシートだけで2000文字!

次回はダッシュボードとシフトノブの塗装編です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる