【祝再販!】タミヤ 1/12 スーパーセブン 開封レビュー!【マスターズコーチワーク】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

オートモデラーの夢(たぶん)タミヤのITEM 10204 マスターズコーチワークシリーズ、1/12 ケータハム スーパーセブン BDR を買ってしまいました。

ずっと…ずっと欲しかったのです!

プラ、金属、ゴム、革、を使用したマルチマテリアルキットでタミヤの技術と研究の結晶と言っても過言ではありません。

箱のサイズも金額もタミヤのプラモデルの中ではトップクラス。

今回はこのキットの箱の中身を徹底レビューいたします!

スポンサーリンク

プラモデルの箱というもの

プラモデルというものは箱を開けるドキドキが一つの楽しみだったりするのです。

箱を開け紙箱やゴムタイヤのニオイを嗅ぎ、ボディパーツの造形にうっとりする。カーモデラーにのみ与えられた変態至福タイムです(笑)

しかも今回は…

今や絶滅危惧と言ってもいい、内箱に中仕切り付き!

現代のカーモデルでこれを味わえる日が来るとは!!
古参モデラーさんなら感涙モノではないでしょうか?

いや~イイですね。これがハイエンドを買うというものか…。

箱の中身は…?

ドキドキの箱の中身レビュータイムです。

今回は写真もたっぷりご用意!買った気分でお楽しみください!

組立説明書

・表紙と組立ガイド

↑分厚くてテンションが上がる
↑組立ガイドがこんなに!

しっかり分厚い組立説明書がついてきます。盛り上げてくれますね~!

上級者向けキットですので組立ガイドも1/24カーモデルの二倍くらい書いてあります。

アルミ部品の塗装や仕上げ方が乗っているのがこのキットならではですね。

・パーツ紹介ページ

↑主なプラパーツ
↑プラパーツの他、ゴムや金属パーツも
↑組立工具も付属
↑革系パーツに板金パーツ、ビスもたっぷり

と、ご覧の写真のようにプラ、ゴム、金属、革など様々な素材が使われています。

ではではドキドキのパーツ紹介に参りましょうか…



スポンサーリンク

プラパーツ類

・フレーム(内箱入り)

長方形の内箱には鋼管フレームとクリアーパーツ(J,K,Lパーツ)とデフ回りのEパーツが入っています。

キレイにフレームが箱の中に収められています。このドキドキたまらんよ~!

鋼管フレームは驚きの一体成型。

ど、どんな金型なんでしょうか…???

・Aパーツ

Aパーツはノーズとフェンダーでできています。成型色はダークグリーン。

リアフェンダーの抜き方がかなり独特ですねぇ。

初めからフロントフェンダーとリアフェンダーのランナーは繋がっていません。

・Bパーツ

Bパーツはフレームの一部、足回りなど。成型色は黒。

このランナーはアルミパーツが入ったフタがされている内箱の中に入っています。

パーティングラインはカッチリ処理して組み上げてあげたいところですね。

・Cパーツ

Cパーツはシートや内張など。成型色は黒。

素材感を意識してツヤや色を調整して塗ってあげれば素晴らしい出来になるでしょう。

C8パーツが外れてしまっていました(どうせ処理するので問題なし)

・Dパーツ

Dパーツはブレーキやエンジンなど機構パーツになります。成型色はグレー。

キットそのものは古いですが、パーツの整形は悪くなくおせんべいのようなバリや欠けはありません。

今回の再販に向けて金型調整したんでしょうか。

・Eパーツ

最初に紹介した内箱に入っているデフパーツです。成型色はグレー。

・Fパーツ

Fパーツはホイールとキャップ。こちらはメッキではなくグレー成型色。

スペアタイヤがあるのでホイールは5本付属。

・Gパーツ

Gパーツはライトやベルト金具など。メッキパーツです。

メッキの質感は非常に良いです。

ブリティッシュクラシックカーはメッキが命とも言えますので、ライト回りなどは剥離して塗装せずにそのまま使ってあげるほうがカッコいいかもしれませんね。

・Hパーツ

Hパーツはゴムのような軟質素材です。

驚きなのはタイミングベルトやドライブシャフトブーツ、タイロッドブーツまでゴムでできています。

本物感が楽しめますねぇ~!

・Iパーツ

派生機用なのか数字の1と間違えないよう配慮してあるのか、Iパーツは存在しません。

・Jパーツ

最初に紹介した内箱に入っています。
ヘッドライトや計器レンズ用のクリアーパーツです。

・Kパーツ

最初に紹介した内箱に入っています。
ランプ類用のクリアーオレンジ成型のパーツです。

・Lパーツ

最初に紹介した内箱に入っています。
ランプ類用のクリアーレッド成型のパーツです。



スポンサーリンク

ボディパネルブリスター

もう一つの内箱のフタはブリスターパックになっており中身はこのキットのキモともいえるアルミパネルパーツが入っています。

ブリスターパックなんて開けるだけでドキドキしますねぇ…。

ちなみにボディパネルはアルミでできており、表面はアルマイト処理されていますので、コンパウンドやモデリングワックスで艶出しすることができます。

アルマイトはヤスリで簡単に削れる上、一般の方に再アルマイトはまず不可能ですので、生地で仕上げる場合はヤスリがけはしないようにご注意を!

アーム部品、マフラー部品袋詰

サスアームやマフラーもしっかり金属製。(というよりサスがプラだと重量に耐えられないでしょうねw)

サスアームはおそらく黒アルマイトです。黒アルマイトは剥がれると下地のアルミ地が見えてしまうので、取り扱いにはより注意してください。

袋詰めの中にまさかの十字レンチが入っています。(笑)
本物同様にホイールを締め付けて取り付けられる!?

ウィンドウフレーム&テープ袋詰め

窓回りのパーツです。ウィンドウが緑色なのはおそらく保護フィルムです。

プレス部品袋詰&カーペット

プレス(板金)パーツにカーペットまで入っています。

昔グンゼ産業(現GSIクレオス)から発売されていたハイテックモデルシリーズ顔負けのマルチマテリアルっぷり!

タイヤ袋詰と紙ヤスリ

タイヤはもちろんソリッドゴム製。相変わらずいい匂い(笑)

スペースが余ったので付属していた紙ヤスリ(1000番)と一緒に撮影。

珍しく紙ヤスリが入っています。何か特殊な作業に使うのかと思いましたが、単なる組立時の表面処理用のようです。

スプリング、パイプ、ビス袋詰

スプリング袋にはスプリングの他スタビライザーやステアリングロッドなどが入っています。

ハンドルを左右に回せばタイヤも連動します!

パイプ袋詰めはパイプの他にプラスドライバーが2種類入っています。

ビス袋詰めはなぜがRCパーツバッグ。なぜだ(笑)

シートベルト

シートベルトも英国LUKEの4点式を完全再現。マニヤはこれだけで泣ける(笑)。

このキット意外とデカールが少ないのですが、水転写式デカールとロータスエンブレムが付属します。

台座

プラ製の台座に石畳情景シートのほか銘版まで付属します。

プラ製台座は爪で引っ掻くとスジが付きますので、ひと手間かけて塗装をオススメします。

以上が箱の中身になります!



スポンサーリンク

1/12 スーパーセブンの良いところ

箱の中身を見て、良いなぁコレっと思ったところは…

タミヤ スーパーセブンのいいところ
・実車と同様の組み立てを机の上で楽しめる。
・マルチマテリアルによる圧倒的な満足度がある。
・ビッグスケール故の精密さ、精巧さを味わえる。

本当、カーモデラーなら一度は作りたいキットに推薦したいです!

欲しい方は早めにご検討を…

タミヤのビッグスケールシリーズは基本的に定番品として継続されることは少なく、一度再販されると数年間は再生産されません。

特に版権問題に厳しいF1などのレーシングカーの再販は絶望的です。

ただ、このマスターズコーチワークシリーズは、過去にサイクルフェンダー仕様のモデルも存在していましたので、それらのバリエーションキットが再販される可能性はゼロではありません。

若いころに高くて買えなかったキットを手にすることができるのも、再販と大人の特権です!

高いキットですが僕は発売してすぐにゲットしましたよ~!!タミヤさんを買って作って応援です!(^^)v

スーパーセブンのキットはポイント還元狙いがお買い得!?

通販サイトでも価格に多少ばらつきがありますが、2020年2月現在は「キャッシュレス還元が可能な通販サイトで買う」のが一番のお買い得方法です。

Yahoo!ショッピングにタミヤオンラインショップがありますので、「5のつく日」や「PayPay支払い」などで30%ほどのポイント還元を受けることが可能です。

これまでタミヤオンラインショップは定価販売で利用しにくい面もありましたが、Yahoo!ショッピング経由ならポイント還元による実質値引きでかなりお得に入手が可能です。

さらにタミヤオンラインの製品は静岡の工場から直送のため商品や箱のコンディションは抜群です!

気になる方はぜひ「Yahoo!ショッピングで探す」から商品を検索してみてください。

単純な現金払いであればAmazonでの購入が最もお買い得です。

2020年1月末現在、キット完成しました!

ブログに先行して私のTwitterとInstagramにて本キットの製作記を公開しておりましたがついに完成しました。

まだブログ記事にするには時間がかかるので完成状態はInstagramでご覧下さい(笑)

作りかけを少しだけお見せしちゃいます!

配管類もバッチリ再現していますよ~!

またこのブログでもカーモデルの記事を執筆中。製作開始から完成まで詳細解説付きで読めちゃいます!

本キットの制作レビューも本ブログでおこないますね!

スポンサーリンク