寒い冬はお家でプラモデル!塗装におすすめのエアブラシ特集はこちら!

HGGTO ザクI(旧ザク)オリジン版 【全塗装完成レビュー】

HGオリジン版 ザクI (旧ザク)完成しました~!

目次

1/144とは思えない重厚感で仕上げてみました!

マホガニー下地から立ち上げるグラデーション塗装とウェザリングにより、全高13cmのHGキットとは思えぬ重厚感と立体感で製作してみました。

下から撮ると

ダメージ加工も加えたことにより、追加のスジボリなどをしなくてもこの密度感!

良く動きますよ!

HGオリジンシリーズはガンプラの中でも新世代モデルになるので腕と脚は二重関節ですし肩の引き出し機構もあります。

さらにこれまでのザク系ではほぼ不可能であった腰のスイングまで達成しているため非常に良く動きます。

かず

ハイディティール系キットと思いきや可動にも配慮されているのです

ということで沢山ポージングを決めてみました。

武装両手持ちポーズ!

こんな風に武装を両手持ちして宇宙空間を飛び回るような動きも自由自在。

素晴らしい…!

ヒロイックなヒートホークポーズ

これまでのザク系が苦手としていたヒロイックなポージングもカッコよく決められます。

足首の接地性はイマイチですが、これはザクの脚部のデザイン上仕方ありません。

ただそれでも脚の甲の可動のほか足首の前後スイングと横ロールが入っているため、HGUCのザクシリーズより接地性は向上しています。

そのため上の写真のように大股を広げても自立が可能です。

また、今回手首をビルドハンズのLサイズに変更しているため、大きく手を広げてダイナミックなポージングにも対応できています。

定番のショルダータックル!

旧ザクと言えばやはりこのポーズでしょう!ショルダータックル!

バランスだけで立ってます

足首が大きいのでうまくバランスを取れば写真のように片足立ちもできます。

ショルダータックルはロマンにあふれてカッコいいですが、やってる側の肩も相当なダメージ受けそうだな…と思う今日このごろ(笑)

かず

少なくとも相手の装甲と衝撃に耐えらえる関節機構が必要ですよねブツブツ…

ちなみに肩アーマーはプラ板を挟んで大型化しているのでこのポージングがよりパワフルに取れるようになっています。

オリジナル武装のスパイクシールド

余剰パーツが沢山あるのでそれらで作ったスパイクシールドです。

旧ザクといえばなぜかスパイクシールドのイメージも強いのでこういう武装が一つあると盛り上がりますね!

黒バックで撮っても良い!

旧ザクは宇宙空間でも活躍していたので黒背景で撮影してもカッコいいです。

デカール剥がれ表現もいい感じ

ウェザリングやミリタリー仕上げは黒バックだとより強調されて見ごたえがあります。

貼った後のデカールをナイフで削いで一部を剥がしてみましたが中々りあるじゃないでしょうか?

キミはいったい!?

お手軽派からやり込み派まで幅広くオススメ

素組みでもマッシブな見た目と可動範囲で中々楽しめますし、改造して全塗装するとしたら後ハメ工作や合わせ目消しなど結構な歯ごたえが味わえるので幅広いレベルのモデラーさんにオススメできる名キットです。

製作レビュー記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる