2020/7/4 サイトをリニューアル!現在記事をより見やすく修正中です!

HGUC グフ リバイブ 【全塗装&ウェザリング 完成レビュー】

HGUC グフ リバイブ 完成しましたー!

目次

フロントビュー

グフのプラモデル決定版と言える素晴らしいカッコ良さです。

コレほぼ素組みですよ?

昨今のスリム、スタイリッシュリファインとは真逆の敵キャラらしいマッシブさと強さを両立した素晴らしいプロポーションです。

ウォッシングとウェザリングマスターによる汚しで重厚感を付与してみましたが、マホガニーから立ち上げたグラデーション塗装も相まっていい感じになってくれました。

モノアイのクリアー化、シールドのマウント位置変更などいろいろ作業していますが、ショルダースパイクとアンテナのシャープ化が最高に効いています。

最近のHGUCはシャープ化だけでバッチリ決まりますね~!

まさにザクとは違う見た目に仕上がってくれました。

リアビュー

写真でみるととても1/144には見えません

続いてリアビュー。

今回行ったマホガニー下地からのグラデーション塗装は、ジオン系MSなど曲面の多い機体に抜群に似合います。

特にリアのふくらはぎやスカート部分のグラデ感に注目してグラデの効果を確認してみてください。

かずのアイコン画像かず

グラデーションにより立体感か向上し密度感も向上するんです

今回もデカールは最低限しか貼っていませんが、僕はスカート回りのラインデカールは好んで良くやります。

このラインデカールですが、ウェザリングの際にカッターの先で少し削ってあげたりするととてもリアルに仕上がってくれるのでオススメです。

スネのダクトがこのキットで唯一塗り分けが必要な部分なのですが、今回はエナメルのフラットブラックをエアブラシで吹いてはみ出た部分を拭き取る方法で塗装しました。

ポージング(ブンドド)

フィンガーバルカン

グフのロマン武器の一つフィンガーバルカン。

指の独立可動化改造により表情を付けることができるようになり、より力強いポージングが可能に。

かずのアイコン画像かず

指が動くのにどうやって照準を合わせているのか…

肩には引き出し機構が入っているため、怒り方にしたり胸を張ったりするポージングも簡単にとることができます。

ちなみに独立可動させると指がプラプラになるので根本のボールは太らせたほうが良いです。

ヒートロッド展開

ヒートロッドは軟質スチロール樹脂により自由に表情を付けることができます。

ただ、あまりグリグリ動かすと千切れてしまうかもしれませんのでほどほどに。

ヒートロッドには沢山の凹モールドが入っていますが、そこにスミ入れすると破損の原因になりそうだったのでやっていません。

かずのアイコン画像かず

しかし40年前にヒートロッドやフィンガーバルカンなどの兵装を考えてロボット化したってスゴイですよね~!

ヒートサーベル

走るグフ

走り出して相手を切りつけるようなポージングをとってみました。

ヒートサーベルは最初からクリアー成型なのがうれしい。刃の先端を少しシャープ化したくらいです。

足首もつま先が可動するためジオン系MSの中では良好な接地性を保っています。

どこから見ても優秀なプロポーションなので、シャープ化やスジボリなどの工作で一層魅力が増すキットだと思います。

そのまま組むとTVアニメに近いプレーンなディティールですので、ディティールアップの練習素体としても優秀だと思います。

HGUCガンダムと比較

前に作った旧HGとリバイブをミキシングしたガンダムと並べて見ました。

グフの設定全高は17.7mとなっていますがこれはブレードアンテナは含まない寸法なんですかね。(ガンダムは18mですがキットで比べるとグフの方が大きい)

リバイブグフの程よくマッシブな姿はまさにガンダムのライバルとしてふさわしい力強さがあると思います。

名シーンを再現!

ファーストガンダムの名シーンを再現!

フィンガーバルカンの紹介で描いた指の独立可動により、ヒートサーベルの両手持ちがより自然に行えるようになりました。

複数のMSを集めて名シーンを再現するのもHGUCならお手軽に楽しめますね!

誰が作っても満足できる良キット

というわけでHGCU グフ REVIVEでした!

アップもカッコいい

組み立てやすく色分けもバッチリ。ちょっとの改造で抜群にカッコよくなってくれるおすすめガンプラです。

キレイに作ってよし、汚してよしなので、ぜひ皆様もゲットしちゃってください。

製作レビュー記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる