RG クロスボーンガンダム X1 製作記04【部分塗装と組み立て編】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

前回の投稿で本体の塗装が完了しました。グラデーション塗装の仕上がりいかがでしたか?

今回は部分塗装やスミイレなどの仕上げを施し、最終組み立てといきましょう!

スポンサーリンク

脚部のスミ入れと仕上げ

まずは脚から仕上げていきましょう。

とりあえず膝のダクトと太もも横のマイナスモールドをタミヤのエナメルジャーマングレーで筆塗りして塗り分けます。
ここはマスキングして塗るのも難しいので、エナメルで適当に塗装してはみ出た部分を綿棒で拭き取るほうが簡単です。

今回はダメージ加工を施していますのでスミ入れついでに加工部の凹みにもエナメル塗料をすり込んでおきます(上の写真の右側)。

しっかり乾燥させたら溶剤で少し窪みにエナメル塗料が残るように拭き取りダメージ部であることを少し強調させるように仕上げます。

ところどころスミ入れ塗料ダークグレーを使ってシミ感を変えてみました。

仕上がったものがこちら。

フォロワーさんにはキレイな汚しとよく言われますが、今回もそんな感じで仕上げてみました(笑)

ウォッシングをしてしまうと途端に汚くなるのでダメージ部だけにシミや汚しを入れて入れるのがミソ。

同じようにしてつま先も仕上げます。

汚しが一通り済んだら一度バラしてトップコートを吹き付けてで再度組み立て。

今回もお気に入りのスーパースムースクリアーを使用。このツヤ感はガンプラからFAガールの肌質再現まで何でも使えるので一個持っておくといいですよ。

腕の部分塗装と仕上げ

腕も先ほどの脚と同じように部分塗装と仕上げを施します。

何だか写真の都合で頭部の部分塗装もやってありますが折角なので一緒に説明しましょう(笑)

部分塗装
  • 肩やフェイス、ドクロのグレー:タミヤ エナメル ジャーマングレー 筆塗り
  • ヘルメットの赤:ガイア ブライトレッド筆塗り

レッドの塗装ですがマスキングするほうが手間ですので筆塗りで仕上げました。ラッカーの筆塗りはあまり得意ではないのですがこの小さい面積だと筆ムラも目立ちませんので(笑)

脚部と同じようにエナメルでスミ入れとダメージの書き込みを行いトップコートしました。

部品を並べて写真をとるとやってる感があっていいですね。

胴体と腰部の仕上げ

胸部はエンブレムを貼ります。水転写デカールなんて販売されていませんのでリアリスティックデカールを貼るしかありません。

正直リアリスティックデカールはイヤすぎる…

この曲面に硬いリアリスティックデカールを貼ると後で剥がれてしまいそうです。せめてもの対策として貼り付け面にたっぷりとExクリアーを吹き付けツヤツヤにしてシールのノリの定着が良くなるようにしておきました。

手の油を付けないようにピンセットを使って慎重に貼り付け。大小二つ付属するエンブレムデカールは大きい方をチョイスしました。

しっかりと貼り付けたら再度ドボドボにExクリアーを吹き付けデカールの浮き上がり防止をして、乾燥後にスーパースムースクリアーでコートして完了。

その他の胴体パーツも同様に仕上げ。

腰も一緒です(アカン書くことなくなってきたw)

胴体が組めましたので連結してみました。

中々カッコ良く仕上がってきました!

頭部の仕上げ

小さい頭部です!

しかしホント1/144でも最小サイズのガンダムフェイスなのに色分け優秀、差し替えなしのフェイスオープン再現。クリアーパーツのカメラアイ、合わせ目での出ない構造。

やっぱり化け物キットですわコレ。

頭部も組んでみました。

ちなみに今回もデカールは無しで製作していますが、ダメージ加工と適度な汚し表現でデカールを貼らずとも密度感がアップしています!デカールを貼らずともカッコいい!これぞグラデ塗装最大のメリット!



スポンサーリンク

コアファイターの仕上げ

最後にコアファイター

ま、やること同じなんですけどね。

折角なのでスラスター部はウェザリングマスターの青焼けを使ってしっとりと汚しておきました。

武装の仕上げ

武装も仕上げます。

ホント関心してしまう色分けとパーツ分割ですね。

組み立てて完成!

各部のパーツがようやく揃いました!

合体させれば完成です!

いいんじゃないでしょうか?

アップで見るととても1/144には見えません。

ダメージ表現はいかがでしょうか?

格闘機なのでパンチやキックを多用すると想像し、膝や手の甲はキツめにダメージ表現を加えています。

というワケでRGクロスボーンX1完成!完成レビューに参ります!

今回の完成レビューはゴリゴリにポージングを取って遊んでみました!

スポンサーリンク