タミヤ 1/12 ヤマハ YZF-R1M 製作記07【フロントフォーク、オプション組み立て】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

前回の投稿でマフラーとラジエターの取り付けが完了し、リアセクションの組み立てが完了しました。

今回はフロントフォークを製作し、二輪で自立させるところまで持っていきます。

ちなみに今回はオプションのフロントフォークを使用していますので、記事中の解説文もオプション使用が前提となっています。

オプションの金属パーツを使うほうが面倒なフォークの塗り分けやパーティングラインの処理がない上、フロントフォークの電子制御ダンパーの配線が再現できるパーツなどのも付属してくるので、楽をしたい方、よりリアルにしたい方どちらにもお勧めです。

それではフロントフォーク編のはじまりです。

スポンサーリンク

フロントフォークの製作

オプション ボトムケースの製作

ボトムケースは少し改造を加えました。

アクスルホルダーに割ミゾの加工をハセガワのエッチングノコで入れ、ホルダーの固定ボルトをWAVEのRリベット(角)を使用してそれっぽく再現。

この改造は多くのバイク模型に使えますし、難しくもない割に意外と効果が高いのでオススメです。

そして塗装。

ボトムケースの塗装

最初に全体を黒サフで塗装し、左側のケース下部にあるパルスセンサーのユニットだけマスキングしておきます。(キットではパルスセンサーの塗り分け指示がされていませんが、R1Mは黒が正解です。

  • 本体:ダークステンレスシルバー → かすめる程度につや消しコート
  • ボルトヘッド: エナメル クロームシルバー 筆塗り

オーリンズのこの電子制御サスシリーズはのボトムケースは少しグレー味画がっており、かつ少しツヤがないのが特徴です。

そんな雰囲気を再現するためにダークステンレスシルバーをチョイスしてみました。

ハンドル、アンダーブラケットの製作

これらはキレイに表面処理して塗っただけ。

塗装色
  • ハンドル、ブリッジ:黒サフ → Exシルバー
  • ボルトヘッド:エナメル クロームシルバー筆塗り
  • トップブリッジのキャップ:エナメル チタンシルバー筆塗り

今回はほとんど見えないので再現しませんが、本来アンダーブラケットにはステアリングダンパーが付いています。

キットではここに付けるよ。と言わんばかりのベロがモールドされているのでH2Rのステアリングダンパーなどを流用して再現されてはいかかでしょうか?

トップブリッジなどの製作

こちらはトップブリッジのアウターチューブ固定ねじの周りを開けたくらいですが、黒く塗装したら全く見えなくなったのでやらなくても大丈夫です(笑)

ついでにフロントホイールのパルスホイールと電子制御タンパーの配線(OPに付属するパーツ)も塗装しておきます。

塗装色
  • トップブリッジ本体:ガイア 黒サフ
  • トップブリッジ キー部:Exブラック
  • パルスホイール:ガイア 黒サフ
  • 電子制御配線:ガイア 黒サフ
  • ボルトヘッド、キー穴:エナメル クロームシルバー 筆塗り

これにてパーツがそろいましたので、組み立てに入っていきます!



スポンサーリンク

フロントフォークの組み立て

部品が揃いました。

オプションを使わないとアウターチューブ、インナーチューブの塗装が必要で手間がかかりますがオプションは楽ですね。

ずらっと並べたパーツを取説に従って組付けます。

瞬間接着剤が指定されていますが、あまり流動性の高い接着剤は各部のパーツを組み付けるときにはみ出しやすいのでWAVEの高強度タイプがオススメです。

少しだけセットタイム(瞬間接着剤が位置決めできる時間)がないので組み立てやすいのもポイント。

実車を参考にブレーキのリザーブタンクを少し傾けて(自立させた時に水平になるように)接着し、電子制御ダンパーの配線はハの字に開けて接着しておきました。

フロントホイールの組み立て

フロントホイールは指示通り接着するだけ。デカール貼りを忘れずに。

ちなみにリア側はあまり目立たないという理由でサボったパルスセンサー用ホイールのスリットですが、フロント側は良く見えるのでちゃんと開口しました。

長孔なので0.5mmのピンバイスで穴の端ギリギリを開口(両端2箇所)し、ナイフで繋げて成型します。

組み立てました。

フロントもリア側と同じように軽点マークを打っておきましたよ。

いよいよ組み上げです

フロント周りのパーツも揃いました。

ひとつひとつ出来上がっていくパーツを眺めるのもオツなもんです。

フォークを組みました。

フォークのブリッジ同士をつなぐ1.6×16mmのビスは締めすぎるとハンドルの可動が渋くなりがちなので、ほどほどに締め込んでください。

ホイールを付ければR1M大地に立つ!



スポンサーリンク

R1M 大地に立つ!

ようやく二輪で自立してくれました!

う~ん。控えめにいってめちゃくちゃカッコいいぞ…

これは作りがいがあるなぁ。

スーパースポーツはカウルがなくてもお尻がセクシーですね。

一度でいいから乗ってみたいものです。

というワケで今回はここまで!

次回はハンドルやブレーキなどの小物作成。いよいよ車体完成が近づいてきました。

スポンサーリンク