HGUC ズゴックE 製作記 02【改造編】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

前回の投稿で仮組から肉抜き穴埋めとシャープ化、後ハメまでご紹介しまいた。

基本工作は前回までの投稿で充分です。そのまま塗装に入っても良いですが、今回は一歩進んでディティールアップをしていきます。安いキットは練習にももってこいです。

スポンサーリンク

スジボリの彫りなおし

HGUCなのでモールドがあっさりぎみ。販売されたのも結構前なので甘いところも0ではありません。

たとえばバックパックと本体の境目。少しだるいので彫りなおしてみました。

HGUCはシンプルなので、新たにスジボリを追加しなくても、既存モールドを別パーツっぽく彫るだけでも結構効果があります。

別パーツっぽく見せる彫り込みにはBMCタガネの0.1mmがキレイに彫れてオススメです。

スジボリ堂(Sujiborido)
¥4,050 (2019/10/18 20:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

高い工具ですが、その使いやすさと精度はトップクラスです。

胸部のダクト部も別パーツっぽく彫りますよ。

ここは曲面なので、いきなりタガネを使っても上手く彫れません。ニードルの乗せる程度の力で添わせるように少しずつ彫り、アタリを付けてからタガネでいきましょう。

GSI クレオス(GSI Creos)
¥2,420 (2019/10/18 22:18:46時点 Amazon調べ-詳細)

僕はラインチゼルの廻し彫り用を使用しています。焼き入れされた先端は鋭利かつ甘くならないので大変使いやすいです。

胸部中央の出っ張りも別パーツっぽく彫ってみます。こういうところもラインチゼルの廻し彫り用で力を入れずになぞってあげるように処理すれば簡単。

胴体裏側のダクトはバリがあるので超硬スクレーパーでキレイにしてあげます。

こんな感じで各部のパーツのスジボリを彫りなおしたりバリを取ったりしていきます。

スジボリを彫りなおした部分は簡単にスミイレして仕上がりを確認しておきました。

なんとなくディティールアップ

尾ひれをつけました

特に元ネタやメカ考察があるわけではないですが、お尻にあるヒレのようなものを延長してみました。

プラ板を貼って…

整形…っと。本当に特に意味はない工作です。

ジェットパックのアンテナをシャープ化

ジェットパックにあるアンテナ?は先端がとても丸いので…

先端部のみを真鍮線に置き換え、二段アンテナにしておきました。

ビームカノンのディティールアップ

ビームカノンがただの穴だったので、コトブキヤの丸モールドIVを貼って密度アップ。

スジボリをします

彫りがいのあるあっさりサーフェイスな本体は「スジボリを彫ってくれ」と言わんばかりなので彫ってあげることにします(笑)

前腕

写真が薄くて申し訳ないのですが、爪の基部と上のほうに彫っています。

爪のスジボリはメンテするときに開きそうな位置に、上のほうは破損した際に交換が効くような位置に彫って別パーツ感を出してみました。

適当に彫ってもいいのですが、スジボリにストーリーや設定を持たせてあげると、どことなく説得力が出てきます。

スジボリは先ほど紹介したBMCタガネの0.1mmを、彫る際のガイドはハイキューパーツのガイドテープを使用しています。

ハイキューパーツ(HiQparts)
¥330 (2019/10/19 09:50:49時点 Amazon調べ-詳細)

「ハイキューのテープはくっつかない」という方がいますが、ほとんどの場合は皮脂かホコリが原因です。スジボリ面のホコリは良くとって、ピンセットで貼ってあげればしっかりくっつきますよ。

肩はのっぺりしているので…

Z字に彫ってみました。

どちらかというとジオンより連邦系のスジボリですが、まぁ練習です。

いいんじゃないでしょうか?

横方向に入っているスジボリはラインチゼルの0.5mm、ナナメに入っているスジボリはタガネ0.125mmで彫っています。

スジボリ堂(Sujiborido)
¥3,550 (2019/10/19 09:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

前腕と合わせてみました。いい感じです。

胴体のスジボリ

胴体も彫りがいがあります。

ダクトの横に三角形のスジボリを。(思いっきしミスって埋めてますw)

頭頂部には定番の六角形スジボリを入れています。

脚のスジボリ

脚にもスジボリを入れています。が、写真を撮り忘れました(笑)

塗装の時の写真が残っているのでこちらをどうぞ。

ノーマルズゴックの足のようなスジボリを追加しています。

ジャバラ部の段落ち加工

今回ちょっとやってみたくて挑戦しました。

ジャバラに一段落としたモールドが入っています。これはBMCダンモで彫ったものです。

BMCダンモの0.5mmを使ってジャバラ部の下端をぐるっと彫り進めます。

スジボリ堂 BMCダンモ 0.5 / 0.8 BMD010

甲殻類感が出てるッ…!!

けどものすごく大変です(笑)

脚のジャバラもやりました。

加工完了

というわけでスジボリ&ディティールアップも完了

次回からは塗装に入っていきます!

スポンサーリンク