HGUC ズゴックE 製作記 03【塗装編】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

前回の投稿で改造まで終了しました。今回から塗装に入ります!

スポンサーリンク

洗います!

いつもの超音波洗浄機でブイーン。

もうこの絵は僕のフォロワーさんは飽きていると思う。(インスタで上げると外国人にはメチャウケます)

安いの一つあると便利ですよ。

塗る前に資料を集めましょう。

HGUCの完成見本と成型色はこんな色をしており、塗装見本もグレー100%なのですが…

アニメでは違うのです!!

なんというか結構グリーン味があります。

手塗り時代のアニメなのでところどころ色味の違いや塗り違いがありますが、キット指定のグレー100%ではこの雰囲気はでませんね。

という訳で、今回はキット指定色はガン無視してアニメの雰囲気を重視することにします!

塗装します!

本体色の塗装

先ほどのアニメシーンを参考に色味を調整しました。

ミディアムブルーをベースにエメラルドグリーンで緑に振り、ニュートラルグレー5で色味を落とす感じ。

さらに下地をマホガニーにして立ち上げる「越智塗り」で塗装しました。

マホガニーから立ち上げると、マホガニーの下地に引っ張られて上塗りの色が調色した色味と塗ってくるので、少し彩度高めで調色するのがオススメです。今回は彩度高めのグリーンにガイアのエメラルドグリーンを使用しましたが、この色は蛍光色が入っていないのに抜群に鮮やかなので、一般の塗装だけでなくセンサーの塗装などにも最適です。

仮組してみましたが、中々いい感じです。

関節グレーの塗装

いつもならメカサフヘヴイだぜ!と言っとるところですが、今回はジャバラなので違います。

こちらもマホガニーから立ち上げ、アニメカラーに近づけるためにニュートラルグレー2にエメラルドグリーンを足しておきました。

ジャバラに施した段落ちモールドが立ち上げ塗装でくっきりして中々いい感じ。

ジェットパックの塗装

ジェットパックはオレンジ色です。このパックは取り外しができてハイゴックなどと共通で使う装備となっています。

こちらもマホガニー立ち上げ。

正直マホガニーからこの色を出すのは難しいのですが、ここは蛍光オレンジをガンガンに足してクリアー。

爪などの塗装

ここは単色ベタ塗りで終了。僕は基本的に本体色を立ち上げ塗装しても関節などの濃いグレーは立ち上げせずにベタ塗りのケースが多いです。効果が薄いので。

ファントムグレーで塗りました。ファントムグレーも中々万能色

モノアイシールド

昔美術の先生に「黒は色じゃねえ」と言われたことを思い出しますが、モノアイシールドは真っ黒派です(笑)

その他

まさかの写真撮り忘れの失態があったのですが、コックピットや、スラスターの内部はモンザレッドで塗りました。

塗装完了

HGUCなら立ち上げやってもサクッと塗れてよいですね。これがMGならトリガーの押しすぎで指が凹みます。

とりあえず仮組。

アニメ

中々よろしいんじゃないでしょうか!

次回は汚していきます!

という訳で今回はここまで!

次回はウェザリングを入れてより重ったるくしていきます!

今回作っているズゴックEは安くてちょーオススメ。

スポンサーリンク