2020/7/4 サイトをリニューアル!現在記事をより見やすく修正中です!

HGUC ズゴックE 製作記【全塗装完成レビュー】

HGUCズゴックE 完成しました!

グラデーション塗装と汚しでかなりいい感じに仕上がってくれましたよ!

目次

実売1000円でこのクオリティ!

いやはや少しのスジボリとシャープ化、塗装でこのクオリティ。

定番ポーズ

中々カッコいいですねぇ…元キットの形状が良いので改造素体にももってこいです

かずのアイコン画像かず

なにより安いし(直球)

汚れ感どうですか?

この高いクォリティ…水陸両用にハズレなし!というウワサはズゴックEでも証明されましたね。

比較と立ちポーズ

製作記中でも触れましたが、キットの指定色とアニメの色はかなり違います。

実は意外とキットと違うアニメの色

そのため今回はアニメ調のカラーリングにウェザリングを施して暗くした感じで仕上げまし。

中々雰囲気出ているのではないでしょうか?

ちなみに今回は汚しをしっかりと入れたかったので、新品のMSが与えられていた(と思われる)サイクロプス隊仕様にはしていません。

一年戦争を乗り切ったあとしばらく残党軍として運用されていた機体という脳内設定で少々強めに汚しを入れてみました。

ジェットパックは本来使い捨ての装備なので、パックだけはピカピカのほうがそれっぽいのですが、作品のバランスから汚しを加えています。

この汚しによる重ったるさがなんとも言えません。

各部のアップ

ウェザリングはどこまで我慢できるかが勝負だと思います。

やりすぎると真っ黒で汚くなってしまいますし、薄すぎると映えません。

1/144なので大きすぎる弾痕やチッピングは雰囲気を損ねます。

僕は1/144サイズのガンプラのチッピングや弾痕は、大きくても2mm程度までに抑えるようにしています。

自然なスケール感を目指してます

今回はスジボリもそこそこ追加していますが、既存のスジボリをより深く彫ったりするだけでも雰囲気は変わりますよ!

最近はプラ板等を用いたハイディティールが分かりやすくてウケますが、箱の中身だけでもできることはたくさんあると思うのです。

スジボリも良い感じ

足首の甲はノーマルズゴックへとのつながりを感じる彫り込みを追加しています。

水陸両用なので汚しは上から下へ流れるように入れてあげると海水のタレたような感じになって雰囲気がでます。

ポージング!

水陸両用機のジオン系なのであまり激しいポージングが取れないと思いきや…

キット化されている水陸両用MSの中でもかなり動くのでかっこいいポージングが決められます!

MSじゃない別のロボみたいです

うーん水陸両用機は素敵すぎる…!

爪のシャープ化は想像以上に効果的で、ズゴックEの強さ悪さがより強調できていると思います。

だれにでも楽しく組めてカッコいい!

HGUCズゴックEは先発のHGUCズゴックの売れ行きと人気に比べると少々マイナーなキットですが、作ってみるとサイコーに素晴らしいキットでした!

安くて改造練習にもピッタリ!ぜひ作ってみてください!

製作レビュー記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる