模型の全塗装に挑戦してみませんか?おすすめエアブラシ特集はこちら!

コトブキヤ 創彩少女庭園 結城まどか 全塗装完成レビュー

人気キットで品切れ続出らしいコトブキヤの新美少女プラモデルブランド「創彩少女庭園」シリーズ第1弾「結城まどか」を全塗装で製作しました。

たっぷりポージングを決めて撮影しましたのでご覧ください!

目次

結城まどか 全塗装 製作レビュー

まずは立ちポーズで全体をぐるっと見てみましょう!

正面

今までありそうでなかったコトブキヤ初の普通の女の子プラモデルです。

普通になってもコトブキヤらしさは健在で、各部の関節の違和感のなさやボディラインの柔らかさは後発のライバルメーカーより抜きんでていると感じます。

今回は彼女が通学している桃桜高校の冬服でキット化。ということは今後夏服やらなんやらで我々の財布から金を奪っていくことは間違いないので皆さんも覚悟しておくように(笑)

後ろ

後でも解説しますが今回は全パーツ一旦白に染めてからシャドーと本体色を重ねるグラデーション塗装で仕上げています。

自分は元々淡いグラデを好むのでカーディガンは色味的にもグラデが分かりにくいですが髪やスカート、お肌の質感のグラデ感は結構伝わると思います。

背中にはいつもの3mm軸があるのでスタンドを使用して倒れないように展示することができます。(キットにスタンドが付属します)

制服のシワなども結構リアルにできていて感心しちゃいますね~まさしく可動フィギュア。

各部のアップ

アップで色々見てみましょう。

正面上から。

表情パーツは肌塗装→瞳デカール→クリアーコート、デカール段差研ぎ出し→口塗装→つや消しコート→ウェザリングマスターHで赤味付け→頬のライン書き込み、と結構手間をかけています。

瞳デカールの段差研がないひとが結構多いらしいですが僕は毎回やっています。

制服襟のラインデカールは非常に考えられた裁断になっていて、乗せるだけて良い位置に決まってくれるのでそんなに貼るのは難しくありません。ラインデカールももちろん研ぎだして段差消し。

赤いリボンも中心あたりにシャドーを吹いています。

髪の毛はアルファオメガというフィギュアブランドの渋谷凛(アイマスのキャラね)を参考にグラデーション塗装。

ハイライトからシャドーの移り変わりを柔らかく再現できたと思います。

撮影でストロボを使うと暗めのグラデが飛びがちなのでパーツ状態の写真も載せておきます。

こちらも一旦白塗装してからシャドーと本体色を重ねています。シャドーに赤を入れて本体色を塗った時に赤味を透かすのがポイント。

カーディガンは合わせ目を消してポケットと前立て(ボタン横の重なっている部分)を軽く彫り込んだくらいです。

制服の合わせ目を消す場合、襟の青いパーツ(L1)を挟み込むのですが、後ハメも難しかったのでマスキングして塗り分けています。(完成したらほとんど見えないですしね)

これくらいアップでみたらカーディガンやスカートのグラデ感も伝わりますかね。

些細なグラデですがやっているのといないのでは完成後の立体感は全然違います。

スカートは白ベースから濃い青→本体色という感じでグラデーション。

膝関節の処理が非常にうまく、正面からみたらお皿で関節が上手く隠れて見えるのは関心しました。

膝関節は濃いめのピンクのシャドーを残し肌の赤味を強調しています。

ローファーもバッチリグラデーション。

本物の風味で塗ったのでこちらもグラデが分かりにくい(笑)

ちゃんと靴下にもグラデーションを入れています。

脚から靴にかけてのグラデーションをぜひ見て欲しいところ。

充実のオプションパーツ

色々とオマケが付属して楽しい本キット(というよりイノセンティア系キットと同じでランナーの半分くらいはオプションですw)

表情パーツ(顔)

顔パーツはプリント済みのものとパーツの2種類4表情の計8個付属します。

今回はそのうち6個作りました。

左から照れ顔、笑顔、笑顔(左目線)、驚き顔、怒り顔(開口)、怒り顔。

怒り顔の開口は驚き顔パーツに怒り顔用のデカールを貼っています。ガールの武器を持たせたバイオレンスJKでもやる時に使おうかと(笑)

お顔の仕上げはいつものウェザリングマスターHを使用。これがあればガールプラモを一段可愛くお化粧できますよ。

今回はすべて目が開いた状態でしたがウィンクなどの瞳デカールが付属すると嬉しかったですね。

まだまだ始まったばかりのシリーズなので今後の展開に期待しましょう!

手首パーツ

手首はたっぷり6種類付属。従来のガール系と同じ持ち手が付属するので武装もできます(笑)

今回は手首の軸に袖を被せる構造となっており可動範囲は少し狭くなっていますが球体ジョイントが露出しない構造になっています。

小物パーツ

スクールバッグ、シュシュ、スマートフォンが小物パーツとして付属します。

シュシュはヘアアレンジ時に使うので今回は使用していません。

スクールバッグは謎の気合グラデーションで立体的に仕上げています。スクールバッグっていつの時代から使われているんですかね?

スマートフォンは厚みのあるものとリアルさを強調した薄い物が付属しますが、薄い方はマスキングに失敗して盛大に画面に傷をつけたので作りませんでした(笑)

ポージングが楽しい!

それでは恒例のブンドドタイム!

やっぱ尊いわ

まずはバンザーイと!

スカートはフレア状態のものも付属するので躍動感のあるポージングが決められます。

腰がもう少しひねれれば良いのですが、スカートとカーディガンの間にしか可動軸がないのでこれくらいで。

関節構造自体はレティシアとフレズヴェルクを足して2で割ったようなものです。

ちなみに上記2体とも当ブログでレビューしていますのでぜひ読んでください(笑)

髪と襟が当たるので腕を完全に上まで上げるのは難しいですが、き出し機構があるので良く動きます。

塗装した方は可動前に一旦肩を引き出してから腕を動かすと塗装ハゲしにくいですよ。

ピースしてもかわいいです。

スクールバッグを肩にかけるのはちょっと難しいですがヒジならホールドできますよ。

通学中という感じのポージングもできちゃいます。

あー、もうこれは可愛いですね。

グラデーション塗装もいい感じに決まってホント良かった。グラデ塗装の仕方もまた記事にしますね。

座りポーズ用のスカートと足パーツが付属するので60ml紙コップを椅子にして座らせてみました。

めっちゃいい感じです!この座り脚も中々遊べますぞ!

スマホで変な記事でも見てびっくりな感じで。

脚を曲げることで露出する膝関節は一段濃いシャドーで仕上げているので膝の濃淡がキレイに繋がるようになっています。

雑食モデラーならバイクと合わせて遊ぼう(笑)1/10スケールなので少しキャラの方が大きいですけどね。

ちなみに今回はプラ製のスカートなので残念ながらバイクには載せられません。

ちなみに全高はFAガールと同じくらいの15cm。

関節構造といいカテゴリー的にはメガミデバイスではなくFAガール系ですね。

ショートヘアーも良いですね

そのため頭はFAガールのものと無加工で交換できるので、お持ちのFAガールをJKキャラにすることも可能です。

FAガールフォーマットとはいえ、ちゃんとユーザーの事を分かっている俺たちのコトブキヤなのでメガミデバイスの頭部が付けられる首パーツも付属します。

これは可能性が広がりますな…ちなみにレティシアやイノセンティアといった素体ガール系は今回のまどかのように部品点数が少ないキットとなっていますのでガールプラモ入門としてもおすすめです。

表情パーツ特集

付属の表情パーツを集めてみました。

笑顔

かわいい

もうこれ一択の可愛さですね!

照れ顔

かわいい

こちらもオドオドした感じがカワイイです。

驚き顔

かわいい

びっくりな表情。可愛いですが使いどころが難しい(笑)

怒り顔

かわいい

む~っとした感じ。こちらはちゃんと頬を膨らませた造形になっています。

可愛いのでみんな即ゲットしましょう!

以上、コトブキヤ創彩少女庭園「結城まどか」全塗装完成レビューでした!

再販もゴリゴリ進んでいるとの噂なので、皆様もぜひ買って作って楽しんでくださ~い!

ちなみに全塗装しての作業期間は賞味10日くらいという感じだったので本当に気軽に作れちゃうと思います。

中身が気になる人はキット開封レビューも読んでね。ランナー紹介とかやってますので部品数の確認にも便利な記事です。

ホビージャパンさんからMOOK本も出てます

ホビージャパン別冊のホビージャパンエクストラの2021年Winter号では創彩少女庭園シリーズ特集号となっています。

色々なモデラーさんの作品が紹介されており、これぞガールプラモの楽しみ方!という感じなのでぜひチェックしてみてくださいね。

こちらの表紙のまどかちゃんはどれも誌面&ネットウケする濃いめのグラデーション。

自分ももっとはっきりした仕上がりにすれば良かったかなぁ…ぐぬぬ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる