【バイク模型の作り方】タミヤ1/12 カワサキ H2R 製作記12【フロント周り編】

どうもこんにちは。かず(@rx930_kazu)です。

前回の投稿でフォークの塗装まで完了。今回はフロントホイールやフォークなどを組んでいきます。

スポンサーリンク

ラジエターの製作

フォークの取り付けまえにラジエターを取り付ける必要があるので組み立てます。

ラジエター本体はアルミ、冷却水のパイプは金属に塗装と思われますのでセミグロスブラックで塗装。

各配管をつなぐゴムホースはつや消しブラックで塗装しました。

ついでにゴムホースを固定バンド部にミラーフィニッシュを巻き付けそれっぽく再現しておきます。

組付けました。接着はWAVEの瞬着を流し込みで固定。

ラジエターの取り付けは意外と保持が難しいので、セットタイムの長い接着剤よりも瞬着でサクッと付けるほうがやりやすいです。

フロントホイールの塗装

フロントホイールそはリアホイールの塗装の時に一緒に塗ってありますし、ブレーキディスクはリアディスクと一緒に塗装していますので、基本的には組み立てるだけです。

バイク模型は基本的に取説順に作っていけばよいですが、ホイールやブレーキなど、同じ塗装方法で仕上げる部品は取説無視で一緒に作ったほうが楽ですね!

タイヤは600番のヤスリでしっかり削ってパーティングラインを消しておきました。

ヤスるとタイヤにカスがたくさんつきますが、それはエナメル溶剤を含ませたティッシュで吹いてあげればキレイに取れます。

僕はあまりやりませんが、タイヤに光沢が欲しい方はクルマ用の艶出しクリーム「アーマーオール」を塗りこむ方もいますよ。

組み上げました。

タイヤを組むときは爪でデカールを引っ掻いて剥がさないように注意しましょう。ここで剥がすと泣くレベルで済まない(笑)。またタイヤはよく揉んでぴっちりとホイールに密着させておきます。

フロント周りを組み立てます

やっと部品がそろったので、フロント周りを組んでいきます。

これを組めば自立すると思うとわくわくしますね!

フロントフォークの組み立てTips①

フロントフォークを組み立てる際、フレームにフォークコラムを差し込みますが、この時写真の軸部に薄くグリスを塗ってあげるとスムーズにハンドルが切れるようになります。

塗らなくてもビスの締めつけを緩くすると可動に支障は出ませんが、ビスが緩いとハンドル回りにガタが出ることがあります。グリスを塗りつつ、ビスはちょっと締める感じで組み立てるのがオススメです。

グリスはタミヤのFグリスがオススメです。すべりが良くてプラを痛めません。

フロントフォークの組み立てTips②

ホイールをビス止めで固定しますが、ビスのねじ径に対してホイールの穴径が大きいので、適当に取り付けるとホイールが傾く原因になります。バイク模型はそういう誤差の積み重ねが見た目に影響してきますので、前後左右から確認してホイールがまっすぐついているか確認しましょう。

組みあがりました

ようやく自立!くっそ~カッコいい!!

バイク模型はこれだから辞められん!

今回はここまで!次回はハンドル回りを作ります!

↓今回作っているキットはこちら!

スポンサーリンク